M1チップ搭載の新型Mac3モデルすぐに買うのは危険?買いか見送りか 性能・価格まとめ Macbook Air Macbook Pro Mac miniと新macOS Big Sur

Apple

11月のApple発表イベントにて、Appleは革新的な「M1チップ」を搭載した新しい3機種のMacを発表しました。

機種はMacbook Air,Macbook Pro 13インチ,Mac miniです。

ちなみに今回のイベントで発表された製品はMacだけでした。

では果たして買いなのでしょうか?

それぞれどんな性能になっているのか?そして価格は?簡単にぱっと見していきましょう。

M1チップについて

AppleはこれまでIntelプロセッサを搭載したMacを販売していましたが、6月にIntelプロセッサからApple自社開発のプロセッサに移行すると発表していました。

Apple Siliconと呼ばれているものはAppleがARMアーキテクチャを使用して設計したシステムの総称で、その中で今回Macのために開発されたチップがM1チップとなります。

ーARMとはー

CPUの一種で、大半のスマートフォンやタブレットPCに搭載されているCPUはARMベースのもの。

iPhone,iPad,Apple WatchのプラットフォームやHome Pod,iPod Touch,Apple TVなどの製品の基盤となっています。

その他簡単に概要を並べると、

  1. 高性能なコアを含んだ8コア5nmプロセッサ
  2. グラフィック性能も向上。8コアのGPUが搭載。
  3. 同等のパフォーマンスで必要な電力は従来のチップの4分の1

新しいMacOS Big Surとの組み合わせによりその性能を発揮できるとのことなのですが、

例えば動画編集ソフトであるFinal Cut Pro X のタイムラインのレンダリング速度が6倍になるとのことです。作業の快適さが変わってきますね。

CPUパワー、電力効率やグラフィック性能の向上がイベントではとくに強調されていました。

Macbook Air

イベントの中でも世界で一番売れているノートパソコンと紹介されており、

M1チップを全面的にアピールしていきたいAppleとしてもこの出荷台数の多いMacbook Airに搭載するのは必然ですね。Macbook Airを皮切りに世界にM1チップを広めていくことでしょう。

性能:Macbook Air

CPU性能は前モデルの3.5倍

グラフィックは最大5倍のパフォーマンスを発揮

同じクラスのWindowsパソコンと比べると総合的なパフォーマンスは3倍高い!そうです。

映像編集なんかも快適にこなせるようになったようです。

機械学習能力は9倍にアップし、SSDの速度も2倍にアップだそう。

電力:Macbook Air

そしてM1チップとOS Big Surとの組み合わせで電力効率も上がり、

なんとファンレスに!なりました。

最大駆動時間は18時間と前モデルに比べて6時間アップしています。

価格:Macbook Air

価格は999ドルから。

日本円では104,800円~となっております。

前モデルからの据え置き価格です。

Apple Siliconが搭載されることにより価格が下がるんじゃないかと噂されていましたが、残念ながら価格は下がりませんでしたね。

ただこれだけパワーアップしたMacbook Airが10万円から買えるというのはアリかもしれませんね。

Macbook Pro13インチ

従来通りThunderboltが4基搭載されておりさらにUSBバージョン4にも対応していますので

同じAppleのPro Displayへの6K出力にも対応しています。

性能:Macbook Pro13インチ

CPUパフォーマンスは2.8倍グラフィックパフォーマンスは5倍アップしたそうです。

例えば映像編集ソフトのDaVinci Reolveでは8K映像の編集も1フレームも落とさずに編集できるそうです。ノートパソコンでこれだけの映像編集ができるというのは驚きです。

電力:Macbook Pro13インチ

Macbook ProはAirとは違いファンは搭載されています。

スペックがかなり高くなってくるのでAirよりも発熱はするし供給される電力が高いということなのでしょう。

最大バッテリー持続時間は20時間と前モデルの倍になりました。

価格:Macbook Pro

価格は1299ドルから。

日本円では134,800円~となっております。

こちらもAirと同じく据え置き価格ですね。

Mac mini

Mac miniはもともとA12Zちっぷが搭載されたデベロッパー向けに提供されていましたが、それにM1チップを乗せ換えて新たに発売されたということです。

性能:Mac mini

先代のクアッドコアモデルと比べると

CPUは3倍グラフィック性能は6倍に!なったそうです。

あれだけ小さい筐体なのにめちゃくちゃ早いという、かなりのスペックアップしたマシンになりました。M1チップとニューラルエンジンが搭載されたことにより機械学習は15倍高速になったそうです。

価格:Mac mini

価格は驚きです。

なんと72,800円から!です。先代よりも100ドルほど安くなりました。

この価格でMacのデスクトップが買えるというのは驚きです。すでにモニターをお持ちの方ならばコスパはいいのではないでしょうか。Macの入門機としても検討できる製品です。

Intelモデルも継続して販売

Macbook Pro13インチとMac miniはM1搭載モデルが発売されるも、Intelモデルも継続して販売されています。

特にMacbook miniは6コアのIntelモデルも販売が継続されていますが

総合的なパフォーマンスはM1チップ搭載のMac miniIntelのハイエンドではどちらの方が高いのでしょうか。価格に開きがあるだけに気になるところです。




すぐに買うのは危険?

さてここまで新しく登場したM1チップ搭載のMac3モデルについて書いてきましたが、

とても魅力的ではあるのですが果たして今買っても大丈夫なのでしょうか?

まず、プロセッサが変更になったことでそのパフォーマンスがどれだけのソフトウェアに生かされてくるのかが気になるところ。またソフトウェアによっては初期段階では相性問題が懸念されます。

新OS Big Surは12日(木)から正式リリースされますが、こちらもすぐにインストールするのは、これだけ大きなアップデートですので少しリスキーです。

というのも前回のOSのCatalinaがとても不具合が多かったので・・・

もし急ぎで必要!という方以外は来年くらいまで購入は待った方がいいかもしれません。

 

というわけでM1チップ搭載のMac3機種についてでした。

 


 

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました